top of page

不動産取引の電子契約その導入ポントは?9

みなさん、こんにちは。


続きです。


当然、アパートなどを借りることになるが、


昔のように対面でしか不動産の賃貸借契約が結べなかった時代であれば、


いちいち沖縄から東京まで高い旅費を負担して出向き、


自分の足で複数の不動産会社を回って歩く必要があった。


そして、条件の合う物件の見当がついたら、不動産会社に案内してもらって物件を見て回り、


納得したら書面に必要事項を記入、押印して、ようやく契約が成立する運びになる。


愛西市・あま市など、西尾張の不動産(土地・住宅・相続・資産運用・売買・賃貸など)のことなら地元密着

創業26年の弊社にお任せください。





Commenti


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
記事一覧
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page