top of page

令和4年都道府県地価調査結果から、そのポイントを読み解く12

みなさん、こんにちは。


続きです。


しかし、東京圏、大阪圏、名古屋圏、地方四市、


その他の地方圏のいずれも、コロナ前の上昇率を超えられていない点が、


商業地のきびしさを物語っている。 商業地に関しては、


海外からの観光客受け入れが完全解禁されるのを待つしかないと思われるが、


これも足もとの円安が追い風になる可能性がある。


当然のことながら、円安が進むほど、海外からの観光客にとって日本は、


経済的に非常に旅行しやすい場所になる。



愛西市・あま市など、西尾張の不動産(土地・住宅・相続・資産運用・売買・賃貸など)のことなら地元密着

創業26年の弊社にお任せください。





תגובות


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
記事一覧
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page