top of page

令和4年都道府県地価調査結果から、そのポイントを読み解く6

みなさん、こんにちは。


続きです。


地方の住宅地は今後も厳しい状況が続きそう  


こうした動きを圏域別に見ると、また違った側面が顔をのぞかせる。  


まず住宅地を見ると、東京圏は2021年7月1日時点の0.1%上昇に続いて2年連続の上昇となり、


かつコロナ前の上昇率を上回っているのに対し、


大阪圏は2021年が0.3%の下落だったので、ようやく底入れした段階だ。  


一方で、名古屋圏は東京圏よりも上昇率が高く、


2021年の0.3%上昇に続き、今回は1.6%という大幅上昇となっている。



愛西市・あま市など、西尾張の不動産(土地・住宅・相続・資産運用・売買・賃貸など)のことなら地元密着

創業26年の弊社にお任せください。





Comments


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
記事一覧
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page