top of page

宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドライン15

みなさま、こんにちは。


しかし、「①以外の死や特殊清掃等が行われた①の死」であっても、


取引の対象不動産ではなく、隣接住戸や日常生活で通常使用しない


集合住宅の共用部分で発生したにとどまるのであれば、


通常一般人の「取引の対象不動産」の住み心地の良さに影響を


あたえることはないと考えられ、原則として、告げる必要はないと整理されました。



愛西市・あま市など、西尾張の不動産(土地・住宅・相続・資産運用・売買・賃貸など)のことなら地元密着

創業26年の弊社にお任せください。



Comentários


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
記事一覧
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page
<