top of page

宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドライン14

みなさま、こんにちは。


③【賃貸借・売買取引】


取引の対象不動産の隣接住戸または日常生活において通常使用しない


集合住宅の共用部分で発生した、①以外の死または特殊清掃等が行われた①の死


※事案発覚からの経過期間の定めなし


解説


「①以外の死や特殊清掃等が行われた①の死」が取引の対象となる


不動産で発生した場合には、売買取引では原則として告げることが必要になり、


賃貸借取引では概ね3年間が経過するまでは原則として告げることが必要になります。



愛西市・あま市など、西尾張の不動産(土地・住宅・相続・資産運用・売買・賃貸など)のことなら地元密着

創業26年の弊社にお任せください。



Comentarios


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
記事一覧
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page