top of page

宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドライン24

みなさま、こんにちは。


続きです。


解説


宅地建物取引業者が、人の死に関する事案を説明する場合であっても、


亡くなった方やその遺族等は名誉および生活の平穏に十分に配慮し、


これらを不当に侵害することがないようにする必要があるので、


氏名、年齢、住所、家族構成や具体的な死の態様、発見状況等を


告げる必要はありません。事案の発生時期、場所、死因(自然死、他殺、自死、事故死等の別)


および特殊清掃が行われた場合はその旨を告げることとなります。



愛西市・あま市など、西尾張の不動産(土地・住宅・相続・資産運用・売買・賃貸など)のことなら地元密着

創業26年の弊社にお任せください。



特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
記事一覧
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page