top of page

宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドライン25

みなさま、こんにちは。


3.トラブルを未然に防ぐために


●個々の不動産取引においては、買主・借主が納得して


判断したうえで取引が行われることが重要であり、


宅地建物取引業者においては、トラブルの未然防止の観点から、


取引にあたって、買主・借主の意向を事前に


十分把握し、人の死に関する事案の存在を重要視することを


認識した場合には特に慎重に対応することが望ましい。



愛西市・あま市など、西尾張の不動産(土地・住宅・相続・資産運用・売買・賃貸など)のことなら地元密着

創業26年の弊社にお任せください。



特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
記事一覧
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page