top of page

最高裁判決 路線価評価を認めず!18

みなさん、こんにちは。


続きです。


しかし、節税対策であることが誰の目にも明らかなケースについては、


税当局が路線価による評価を認めないこともあり得ることとなった。


この点、どういう注意が必要なのか。


「節税目的ではないことを説明できるように、収益性を重視した優良物件に投資すること。


相続直前の投資は節税対策だと疑われるリスクがあるので、


対策を講じるのであれば、できるだけ早い時期に行うこと。


そして、相続直後に相続不動産を売却することも避けたほうがよいでしょう」とのこと(同)。



愛西市・あま市など、西尾張の不動産(土地・住宅・相続・資産運用・売買・賃貸など)のことなら地元密着

創業26年の弊社にお任せください。





Comments


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
記事一覧
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page