top of page

残置物の処理等に関するモデル契約条項について14

みなさま、こんにちは。


残置物の処理


1.残置物事務受任者の義務


残置物事務受任者が委任事務を処理するにあたっては、賃借人または賃借人の地位を継承した


その相続人の意向(相続人の一人による非指定残置物の一部の引取りの希望


【ただし形見分けのようなものに限定】)を考慮し、


その利益のために委任事務を処理する必要があります。


2.物件内への立ち入り(残置物9条1項・2項)(残置物事務受任者)


残置物事務受任者は、賃貸物件内に残置された物の廃棄等を行うため、


賃貸物件への立ち入ることができます。


賃貸物件の入口は施錠されているような場合には、


賃貸人に協力(賃貸人が保有するマスターキーによる開錠など)を求めることができます。


愛西市・あま市など、西尾張の不動産(土地・住宅・相続・資産運用・売買・賃貸など)のことなら地元密着

創業26年の弊社にお任せください。

Comments


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
記事一覧
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page