top of page

残置物の処理等に関するモデル契約条項について17

みなさま、こんにちは。


②価値等に照らし廃棄が適切でないと思われるもの


非指定残置物のうち、その価値等に照らして廃棄することが適切でないと思われるもの


(たとえば高価な宝石や衣服など)を発見した場合には、委任者死亡時通知先に2週間前までに


通知のうえ、換価可能なものはできるだけ換価するよう努めます。


換価して得られた代金は、賃借人の相続人に返還します。


③保管に適しないもの


非指定残置物のうち保管に適しないもの(食料品など)については、ただちに廃棄します。



愛西市・あま市など、西尾張の不動産(土地・住宅・相続・資産運用・売買・賃貸など)のことなら地元密着

創業26年の弊社にお任せください。

コメント


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
記事一覧
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page