top of page

残置物の処理等に関するモデル契約条項について19

みなさま、こんにちは。


・金銭の相続人への返還(受任者)


本物件内に残されていた金銭は指定残置物にも非指定残置物にも


該当しないことから、賃借人の相続人に返還します。


相続人の存否や所在が明らかでなく、


残置物事務受任者がこれを過失なく知ることができないときは、


供託することになる。



愛西市・あま市など、西尾張の不動産(土地・住宅・相続・資産運用・売買・賃貸など)のことなら地元密着

創業26年の弊社にお任せください。

Comments


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
記事一覧
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page