top of page

残置物の処理等に関するモデル契約条項について21

みなさま、こんにちは。


・費用の清算


本契約に基づく委任事務を処理するのに必要と認められる費用を


支出したときは、賃借人の相続人に対し、


その費用およびその支出の日以後における利息の償還を請求できます。


また、上記費用は、賃貸人が残置物事務受任者に対し


第三者弁済したうえで、当該求償権の額を賃貸借契約上の


敷金から差し引くことも可能です。



愛西市・あま市など、西尾張の不動産(土地・住宅・相続・資産運用・売買・賃貸など)のことなら地元密着

創業26年の弊社にお任せください。

Comentários


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
記事一覧
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page